Lenovoの内蔵webカメラが起動しない。苦労したものの、3秒で直りました。原因はカメラ上部の物理シャッター!

会社でマシンのセットアップをよくしてます。
そこで、ウェブカメラのテストをしたときのこと、画像のような、グレーの取り消し線が付いたカメラアイコンが表示されました。

検索すると、
Webカメラを有効にすると、グレーの取り消し線が付いたカメラアイコンが表示される – Yoga 3 Pro – JP
のようにドライバーをインストールし直した方がいいとか、出てきます。

購入したばかりなのに、まじかーって思ってドライバーをインストールし直したり、セキュリティでブロックされてないかチェックしたりしたもののダメでした。

そして次の日、PCに詳しい人に質問してみたところ、、、

なんと、、、

ウェブカメラの上にスライドできるシャッターが付いてたんですねー。

こんなの気づきませんねー。

デザインに完全に同化してます。

ウェブカメラの横のランプもグリーンのまんまだからタチが悪い。

カメラ部分に赤丸がついてるんですが、そんなのわかんねっつーの。

物理シャッターで真っ暗な画面が移るならわかる。
グレーの取り消し線が付いたカメラアイコンのままじゃそこが原因だと、どうにも気づかん。

これ初めての方はハマると思うので気をつけましょう。

今後、物理シャッター付きのパソコンが増えると思いますが、同様の間違いも増えそうな気がします。

余談ですが、購入窓口にメールしたら、不具合対応サポートに連絡してほしいとちょっとたらい回されたのもイラつきました。
購入窓口から不具合担当部署に連絡してくれよと。
それぞれ、別会社が対応してるんだろうけど、直してほしいなぁと。

それでも、コスパとデザイン、作りを考えると今後も会社のPCはレノボを買い続けるんですけどね。