2020年に小学3年生から英語が必修化が始まりますね。
我が子はもうすぐ2歳なのですが、自分の時代より、確実にさらなる英語社会の波に揉まれることでしょう。

親としてはその準備をして、簡単に乗り越えられるようにしてあげたいなーって思いますね。

自分は海外の英語教育に仕事で携わる機会が多いので、その知見を踏まえてどう言う英語教育をして行こうか考えてみました。

昨今の英語教育の様子は自分たちの時代では想像できない域に

まずこの動画みてみてください。

ズーフォニックスと呼ばれる子供英語教室の動画です。

発音が良くて感動します。

ここに実際に行った人の話によると、休憩時間に英語で生徒同士が話していて、大人にも英語で積極的に会話してくるそうです。
ネイティブの先生の言うことは聞いて理解できているからすごいとのこと。

ビックリしますね〜。

英語教育教材としてフォニックスがすごいなと思う

英語で苦労するのが、
何言ってるか聞き取れない、インプットできないことだと個人的に思ってます。

上記の動画内でリチャードさんも「エービーシーという発音は捨てて」とか言ってますが、
自分も英語教育の悪しき根元はこのエービーシーというカタカナ英語で覚える英語だと思っていて、そこをこのフォニックスという発音の勉強法に置き換えるだけで、だいぶ、聞き取りができるようになり苦労もしなくなるんじゃないかと思ってます。

動画みてると楽しく英語学べそうですしね。この外国のノリもぜひ学ばせたいところ。
リチャード先生、日本の早期英語教育のためにNHKでフォニックス英語という番組枠を持って欲しいわ〜。

フォニックスを学べる場をどう用意するか

フォニックスを取り入れてる英語教室を近所で探すと、都内で下記の2つがチェーン展開していて、近所だとウィンビーの教室がありました。

一回ウィンビーに体験授業を受けに言ってみようと思います。
徒歩15分くらいの場所で、週一週1回(50分) 9,180円。土曜日もやってるので、連れて行きやすいかな。

近くに、ないときはyoutubeで一緒に歌ってあげるとか良さそう。
こういう動画とかyoutubeで「フォニックス」と調べたらたくさんありました。

一緒に見るならテレビでyoutubeを見れるようにChromecastを買うなどできたほうがいいかなと思います。ウチはテレビでyoutube見れるんですが、キラキラ星の英語版とかあったりしてよく見せてます。

子供への英語教育で目指すところ

いわゆる英語耳と文法まで最低限できれば、いろいろな英語の情報にアクセスできるようになるので、そこまでやるくらいがいいのかなと思ってます。
そこからは自分で、youtubeやudemyなどの英語のコンテンツを探して、学びの幅をネットを使ってどんどん広げられるでしょう。多分。

将来、食卓での英語でのトークも考えられるので、親も英語学習を頑張らないとなーと思います。
また、海外の学校に行きたいと相談されたときもお金で困らないようにしないとなと思ってます。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.