Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

プリキュアは制作者目線でみるとおもしろい

スタートゥインクルプリキュア 最終回


Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Warning: Undefined array key 4 in /home/c1553354/public_html/knym.net/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

スタートゥインクルプリキュアが無事最終回を迎えました。

子供がディズニーからプリンセスにはまり、そこからプリキュアにハマってからというもの、我が家では日曜の朝はテレビから毎週、スタートゥインクルプリキュアが流れます。

初めはキャラの多さや演出の過剰さが40近いおっさんの私には苦痛でした。

寝る前の読み聞かせで、歴代プリキュアシリーズが網羅されてる本を子供と読んでると、少なくなりつつある脳味噌のキャパシティがプリキュアで使われるのも苦痛でした。

しかし、ある時期から、制作者の意図を読み取ろうとマーケティング観点で見出すとなかなか面白いことに気づいてきました。

時代に合わせたプリキュアのキャラ設定

子供とプリキュア図鑑を読みながら時代の流れを見てくと、次回プリキュアの設定が楽しみな自分がいます

色々な設定ポイントがあると思うので項目を書き出してみました。

自分が監督になったら新作はどういう設定にするか考えながら見ると楽しいです。

テーマ設定

次回作のフィーリングッドプリキュアの設定は獣医さんぽいですねー。

スタートゥインクルのテーマは「宇宙」でした。
そして今回の敵の設定は「異星人」。妖怪の天狗やカッパからヒントを得たような異星人が出てきました。

そして仲間にも異星人のキュアコスモ(公式ページ)がいて、最初は仲良くなくて、次第に仲良くなる設定が見てて楽しかったです。

女子がなりたい職業からヒントを得て設定してる気がします。

小学生の「将来なりたい職業」集計結果 | 日本FP協会を見ると、パティシエや獣医がランキングに入ってるのですが、プリキュアの設定で使われてますからね。

ファッションデザイナー、美容師 も将来ありえそうです。

キャラ&ネーミング設定

そして、毎回、名前を予想するのも楽しい。
今回は宇宙をテーマにしてるので、スター、ミルキー、セレーネ、ソレイユ、コスモでした。

スタートゥインクルプリキュアキャラ設定(公式ページ)

次回の医者系だと、ヒール、オペ、ナース、、、どうなるんでしょうね。

アイコンキャラの設定

毎回出てくるぬいぐるみみたいなキャラ。今回はフワというキャラで秋からツノがついた姿になってました。
年間通してみ続けられるようにするにはこういうサブキャラの変更も必要ですね。

変身&攻撃&衣装設定

キャラ分けした色の使い方、返信や攻撃のキラキラした演出、前回と被らない攻撃手法、どれを見ても見応えあります。

こんなキラキラしたデザイン、今の自分には無理ですからね。
数年後にはできるようになってるかもおしれないですが。

キーフレーズの設定

スタートゥインクルプリキュアでは「キラやば」でした。
基本主人公は明るいキャラなので、おっさんが見ると元気もらえます。

キラやばーなんてキャラの口癖を聞くたびに仕事でも言えるように頑張ろうと思うんですが、金曜までにはゲロやばーな事態しか起こらないのが辛いところです(涙)

プリキュアの入れ替わりが2月始まりなのは?

通常テレビ番組の改編期は年末の12月、年度始まりの4月、他、4半期始まりの9月だと思うんですが、今回のプリキュアなど1年区切りの子供番組は2月始まりです。調べたら、視聴者維持とスポンサー対策みたいです。

戦略ですねぇ。

学年が変わる時期の視聴者離れ対策

子ども向け番組は「○年生になったら卒業する」といった考え方があります。4月はじまりだと、それによって見るのをやめてしまうということが起きてしまうため、区切りをつけさせないよう中途半端な時期にスタートを設定している

戦隊ヒーローはなぜ2月始まり? (2017年9月15日) – エキサイトニュース

おもちゃや文房具のスポンサー対策

さらにこうした番組にはおもちゃメーカーがスポンサーについています。グッズは番組の展開にあわせて販売されるため、クリスマスやお正月など売上が最大となる時期には番組の切替を設定していません。さらに、番組にまつわる文房具などを春休みに売るために、1月~2月はじまりが設定されている

戦隊ヒーローはなぜ2月始まり? (2017年9月15日) – エキサイトニュース

次シリーズへの視聴者維持の工夫

  • 次のシリーズのキャラを最終回に登場させる
  • 次のシリーズのおもちゃのCMを最終回で入れる

最終回前にこういう次回作への期待を数回にわたって差し込むの大事ですね。見逃したら次回作の存在に興味を持たず、卒業してしまう可能性ありますもんねぇ。

プリキュアの劇場版もよく考えて作られてる

この劇場での参加型デバイスによる楽しくなる演出の取り入れ方に感心しました。

過去のキャラを出す意味

年明けから劇場版のCMが流れるようになりました。3世代のプリキュアが出てきます。オネェちゃんと一緒にとか、プリキュア卒業した人に懐かしんで見てもらえる幅を持たせた設定にしてるんですよね。きっと。

まとめ:想像以上に工夫の詰め込まれたいい作品

大人1人でだとこの良さを共有できる人がいないので、中々ハマりにくいと思いますが、子供がいたら話が共有できて盛り上がるので、どうせ見ることになるなら、この記事を参考に楽しむポイントを増やせてもらえたらなぁと思います。

マーケットがあって大人がこれで食べてる現実があるので。色々、制作側の気持ちになって考えれるようになると、より幅広い仕事ができるようにもなるかなぁとも思います。