woo commerceで韓国の郵便番号自動登録に対応する方法

韓国では郵便番号が近年変わった関係で自分の住所の郵便番号を知ってる人がほとんどいないという。
日本では、郵便番号から住所の自動入力に対応してるフォームがほとんどだと思うが、韓国では逆に、住所から郵便番号を調べる仕組みがフォームに必要になる。

なるほど、韓国の国の移り変わりの一片が知れて勉強になるなー。
と軽いこと言ってられないほど、割と、対応が大変だった。
稀なケースだと思うが、誰かの参考になれば。

Woo Commerceのプラグインを探すが、アップデートがほとんど数年前で止まっていた

最近ちょくちょくwordpressもwoo commerceも更新されてるため、開発の止まったプラグインを使うのはリスクあるなということで、別の方法を探すことにした。

嬉しいことにdaumが郵便番号検索のコードを提供していた

カカオトークを運営してるdaumがPostal Code Serviceというページを提供しており、そこに郵便番号検索を実装するコードも親切にも置いてあったので、使わせていただくことに。

naverや韓国の郵便局のサイトでこういうサービスがないのかも調べてみたもののなかったので、これを使うことに決める。

daumの郵便番号検索でSSL対応するのに苦労する

紹介されてるページのコードをコピペして動かしてみると動かなかった。

しかも、SSL対応してない場所からjavascriptを読み込むコードしか書かれていなくてだいぶ困った。ローカルにダウンロードしても動かないため、下記のコード参照先を変えられないか探すことに。

このGithubのフォーラムにあったSSLの参照先に変更したらサンプルコードも無事に動いた。

<script src="http://dmaps.daum.net/map_js_init/postcode.v2.js"></script>
から、
<script src="https://ssl.daumcdn.net/dmaps/map_js_init/postcode.v2.js"></script>
に変えてうまくサンプルコードも動くようになりました。


Woo Commerceに合わせたIDの参照にするなど、いろいろサイトに合わせて変更したコードがこちら

テーマのファイルの中のcheckoutのページに下記のコードを入れてもらえば、おそらく動くと思います。


	</div><!-- row -->
</form>
<?php do_action( 'woocommerce_after_checkout_form', $checkout ); ?>
<!-- ここから -->
<!-- iOS에서는 position:fixed 버그가 있음, 적용하는 사이트에 맞게 position:absolute 등을 이용하여 top,left값 조정 필요 -->
<div id="layer" style="display:none;position:fixed;overflow:hidden;z-index:1;-webkit-overflow-scrolling:touch;">
<img src="//t1.daumcdn.net/postcode/resource/images/close.png" id="btnCloseLayer" style="cursor:pointer;position:absolute;right:-4px;top:-4px;z-index:1" onclick="closeDaumPostcode()" alt="닫기 버튼">
</div>

<script src="https://ssl.daumcdn.net/dmaps/map_js_init/postcode.v2.js"></script>
<script>
    // 우편번호 찾기 화면을 넣을 element
    var element_layer = document.getElementById('layer');

    function closeDaumPostcode() {
        // iframe을 넣은 element를 안보이게 한다.
        element_layer.style.display = 'none';
    }

    function execDaumPostcode(trg_type) {//shipping or billing
        var extr_input_name = trg_type+"_address_1";
        var postcode_input_name = trg_type+"_postcode";
        var addr_input_name = trg_type+"_city";
        
        new daum.Postcode({
            oncomplete: function(data) {
                var addr = ''; // 주소 변수
                var extraAddr = ''; // 참고항목 변수

                if (data.userSelectedType === 'R') { // 사용자가 도로명 주소를 선택했을 경우
                    addr = data.roadAddress;
                } else { // 사용자가 지번 주소를 선택했을 경우(J)
                    addr = data.jibunAddress;
                }

                if(data.userSelectedType === 'R'){
                    if(data.bname !== '' && /[동|로|가]$/g.test(data.bname)){
                        extraAddr += data.bname;
                    }
                    // 건물명이 있고, 공동주택일 경우 추가한다.
                    if(data.buildingName !== '' && data.apartment === 'Y'){
                        extraAddr += (extraAddr !== '' ? ', ' + data.buildingName : data.buildingName);
                    }
                    // 표시할 참고항목이 있을 경우, 괄호까지 추가한 최종 문자열을 만든다.
                    if(extraAddr !== ''){
                        extraAddr = ' (' + extraAddr + ')';
                    }
                    // 조합된 참고항목을 해당 필드에 넣는다.
                    document.getElementById(extr_input_name).value = extraAddr;
                
                } else {
                    document.getElementById(extr_input_name).value = '';
                }

                // 우편번호와 주소 정보를 해당 필드에 넣는다.
                document.getElementById(postcode_input_name).value = data.zonecode;
                document.getElementById(addr_input_name).value = addr;
                // 커서를 상세주소 필드로 이동한다.
                document.getElementById(extr_input_name).focus();

                // iframe을 넣은 element를 안보이게 한다.
                // (autoClose:false 기능을 이용한다면, 아래 코드를 제거해야 화면에서 사라지지 않는다.)
                element_layer.style.display = 'none';
            },
            width : '100%',
            height : '100%',
            maxSuggestItems : 5
        }).embed(element_layer);

        // iframe을 넣은 element를 보이게 한다.
        element_layer.style.display = 'block';

        // iframe을 넣은 element의 위치를 화면의 가운데로 이동시킨다.
        initLayerPosition();
    }

    // 브라우저의 크기 변경에 따라 레이어를 가운데로 이동시키고자 하실때에는
    // resize이벤트나, orientationchange이벤트를 이용하여 값이 변경될때마다 아래 함수를 실행 시켜 주시거나,
    // 직접 element_layer의 top,left값을 수정해 주시면 됩니다.
    function initLayerPosition(){
        var width = window.innerWidth*0.5; //우편번호서비스가 들어갈 element의 width
        var height = 300;
        if(window.innerWidth<849) {
            width = 300;
            height=400;
        }
        
        var topWidth = 60;
        if(window.innerWidth<849) topWidth=30;
        
        var borderWidth = 5; //샘플에서 사용하는 border의 두께

        // 위에서 선언한 값들을 실제 element에 넣는다.
        element_layer.style.width = width + 'px';
        element_layer.style.height = height + 'px';
        element_layer.style.border = borderWidth + 'px solid';
        // 실행되는 순간의 화면 너비와 높이 값을 가져와서 중앙에 뜰 수 있도록 위치를 계산한다.
        element_layer.style.left = (((window.innerWidth || document.documentElement.clientWidth) - width)/2 - borderWidth) + 'px';
        element_layer.style.top = (((window.innerHeight || document.documentElement.clientHeight) - height)/2 - borderWidth) +topWidth+ 'px';
    }
    (function($) {
  $("#billing_postcode_field,#shipping_postcode_field").addClass("form-row-first");
  
  $("#billing_postcode").after("<input type='button' onclick='execDaumPostcode(\"billing\")' class='button' value='우편번호 찾기'>");
  $("#shipping_postcode").after("<input type='button' onclick='execDaumPostcode(\"shipping\")' class='button' value='우편번호 찾기'>");

})(jQuery);
</script>
<!-- ここまで -->

韓国のショップサイト作りは大変ですわ

韓国語ネイティブのサポートがいないとクレジットカードの対応とかいろいろ無理があったと思う。ちなみに決済もいろんなオンライン決済があるため、一括でそれらが扱えるようにKGイニシスという決済会社を使いました。

でも、まぁ、日本のショップの将来性を感じられたりもするので、なんとか楽しくやってます。

ちなみにショップサイトをいろいろ調査してみたんですが、このchuuというショップサイトがポップで好きでした。