我が子(1歳9ヶ月)がアンパンマンにはまり、
アンパンマン動画を見せたらYouTubeにはまり、
外出時に親のスマホをせがむようになり、
親の携帯の通信制限までYouTube動画を見られてしまうという事態になってます。

おそらく、今後もこの事態は続くと思われるため、対策を考えてしました。
その結果、オリジナルキャラが爆誕しました。

その名も、ドーナツくんとドーナツちゃん。
構想10分のゆるキャラです。

アンパンマンのキャラの版権が緩ければ、それで、インタラクティブな簡単なゲームでも作ろうと思ったんですが、そんなに甘くはなかったので、子供がアンパンマンと見間違えしそうな見た目のキャラを目指しました。

お風呂でドーナツくんをお風呂用のクレヨンで、描いて見たところ、子供は「アンパンマン!」と見事に騙されてくれました。

これで決定や!と心の中で叫びました。

週末使ってこれで、ブラウザで動くインタラクティブなゲームを作ってみようと思います。
その後は、教育コンテンツとして、英語、数学、政治、金融、交渉術など、年齢に応じて世に出る前に学んだ方がいいと思われるノウハウを詰め込んで行こうと思います。

ドーナツくんとドーナツちゃんの現状のキャラ設定

ちなみに、ドーナツくんとドーナツちゃんの口癖は
「どーなってんの!?」です。
ドーナツだけに。
大人になってもビジネスで大切な
Why?と考えさせるクセをつけさせるのにいいかなと思って。

ちなみにドーナツくんたちのドーナツの種類は、
ドーナツくんはスーパーで売ってるような砂糖のまぶしてある庶民派なドーナツで、
ドーナツちゃんはちょっとお値段の高いチョコファッションです。(髪の部分はチョコです)

庶民肌の感覚を持つドーナツくんと、
ちょっとお嬢様思考のあるドーナツちゃんで行こうと思います。

ともかく、子供の興味を持たれつつ、通信規制対策になるようなキャラに育てていきたいと思います。
適当にまずはやってみるのが、大事かなと。

(嫁の評価も上々で一安心でした。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *